開設する証券口座の比較検討について

個人が投資を行いたいと考えた場合、それがどのようなものであったとしても証券会社に専用の口座を開設するのが第一歩となります。初めて投資を行う場合には株式や外国為替、投資信託などを選択するケースが多くなっています。


これらを行う場合にはやはり証券会社に証券口座を開設しなくてはなりません。

銀行の預金にも様々な種類の口座が存在していますが、証券会社の証券口座にもいくつかの種類の口座が存在しています。

有名な存在としては特定口座が挙げられます。
特定口座とは比較的多くの投資家に選ばれている証券口座であり、税金に関する計算などを自動的に行って報告してくれるという仕組みが人気を集めています。
この特定口座には源泉徴収ありと源泉徴収なしの二種類が存在しており、それぞれの特徴を比較検討して決めるのが一般的です。

証券口座の比較関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

他にも一般口座と呼ばれる証券口座が存在していますが、個人投資家の場合にはこの口座を選択するケースは稀です。証券会社側のサービスが一切行われないのが特徴であり、個人投資家にとって特にメリットはないのです。



もう一つがNISA口座と呼ばれる特殊な口座です。



非課税口座ということもあり他の証券口座とは比較にならないメリットがあるのですが、年間で利用できる上限金額があるのに加え、全ての証券会社の中で一つしか開設することが出来ません。
そのためNISA口座に関してはどこに開設するのかについては徹底した比較検討が必要になります。